有料観覧席を先行販売 6月1、2日「東北絆まつり」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市で6月1、2日に行われる「東北絆まつり」の実行委員会は5日、パレードのコースや時間、有料観覧席の概要を発表した。

 絆まつりは東北6県の県庁所在地6市を代表する祭りが集結、東日本大震災の鎮魂と復興を願うイベントで同市での開催は初めて。

 パレードは、国道4号の旭町交差点を出発し、仲間町交差点を右折して、福島文化学園前までの約1・1キロを往復するコースで行う。時間は1日が午後2時30分~同5時、2日が午後0時30分~同3時で、6市の祭りが練り歩く。

 市役所西側駐車場にメイン会場、福島二小、福島大付小、新浜公園、JRA福島競馬場の4カ所にサブ会場を置いて、東北の魅力を楽しむブースやステージを繰り広げる。パレードには福島わらじまつりをはじめ、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつりが参加し1000人規模となる。

 抽選制は10~20日受け付け

 また「通常席」「プレミアム席」を設ける個人向けの有料観覧席は10~20日、抽選となる先行販売を行う。販売は通常席200席、プレミアム席150席で、チケットぴあホームページで受け付ける。一般販売は5月1日からで、通常席1000席を先着順で販売する。購入はチケットぴあホームページなど。価格は通常席が一日4000円(税込み)、プレミアム席が同6000円(同)。

 観覧席に関する問い合わせはJTB福島オフィス(電話024・524・3211)、チケット販売に関する問い合わせはチケットぴあへ。