「医療創生大」初の入学式 いわき明星大から名称変更

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
宣誓する稲月さん

 医療創生大は6日、いわき市の同大で入学式を行い、いわき明星大から名称変更後初めての新入生251人が新たな歴史の一歩を踏み出した。

 新設の健康医療科学部は作業療法学科20人、理学療法学科60人が1期生となった。このほか、薬学部57人(編入10人)、看護学部100人、大学院に進学する4人が入学した。

 山崎洋次学長が「知識、技能、態度の三拍子そろった医療人を養成するのが教育理念。自省能力、自己修正能力を身に付けて」と告辞した。

 地元で学び働ける環境を最優先に1期生として入学したいわき光洋高出身の稲月歩美さん(理学療法学科)が「充実した大学生活を送り、学問研究にいそしむ」と宣誓した。医療創生大は4月、医療系総合大学となり、いわき明星大から校名を変更した。