「五輪イベント」準備着々 5月19日、いわきで東京キャラバン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
下綴青年会の踊りを見ながらパフォーマンスの内容を考える関係者たち

 5月19日にいわき市のアクアマリンパークで開催予定の、2020年東京五輪・パラリンピック公認文化イベント「東京キャラバンinいわき」に出演するアーティストや地元伝統芸能の担い手たちは7日、同市で当日に披露する創作パフォーマンスの内容を考えるワークショップに参加した。

 同イベントは、全国各地の伝統芸能と、気鋭のアーティストらが協力して新しい形のパフォーマンスをつくり出し、文化的基盤を後世に残すことを目指している。県内での開催は2回目。出演を予定している、じゃんがら念仏踊りの下綴青年会とやっちき踊りの上三坂保存会などがワークショップに参加。陣頭指揮を執る振付家・ダンサーの近藤良平さんらアーティストと共に、どのような舞台を繰り広げるか模索した。

 当日は午後3時から。入場無料。