JR福島駅ナカ「保育園」完成 働くお父さん、お母さん支える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
JR福島駅構内に完成したさくらんぼ中央保育園

 桜桃会の「さくらんぼ中央保育園」が福島市のJR福島駅構内に完成し、6日に入園式が行われた。真新しい園舎に子どもたちの歓声が響いた。

 同法人の3カ所目の保育園で、0~5歳の子ども75人が入園。JR東日本から敷地を借りて建設し、2階建て、延べ床面積約1000平方メートル。2階のホールでは今後、コンサートなどを開催する予定。

 入園式では同法人の小林仁一理事長が子どもたちの入園を許可し、浦住ケイ子総園長が「働くお父さん、お母さんを支えていきます」とあいさつした。

 JR東日本グループは子育て支援事業の一環として、駅に隣接した保育園の開設を進めており、同園は仙台支社管内で10カ所目になる。