「伊藤若冲展」来場者が2万人突破! 福島県立美術館で開催中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市の県立美術館で開催中の「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲(じゃくちゅう)展」は7日、来場者2万人を突破した。8日は休館日。

 2万人目の来場者となったのは、いずれも同市の会社員の金子与志幸(よしゆき)さん(31)と尾形茉帆さん(26)。福島中央テレビの堀越徹常務が記念品として鶴が描かれた手拭いと図録を2人に手渡した。

 金子さんは「2万人目と聞いて光栄。若冲のユーモアある作風を楽しみたい」、尾形さんは「復興祈念ということで、福島だからこそ見られる、なかなかない機会を楽しみたい」と笑顔を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補