料理対決!相馬の漁師らTV出演 人気番組・TVチャンピオン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
料理対決への出場を報告する(右から)森さん、舘岡さんと、菊地さん(右から4人目)、牛渡さん(同5人目)

 「相馬松川浦漁港チーム」として、テレビ番組の料理対決に出場した相馬市の漁業者、料理人4人が4日、相馬市役所を訪れ立谷秀清市長に出場を報告した。松川浦漁港で取れた魚介類など相馬の食材を使用し、リーダーの漁師菊地基文さん(42)=清昭丸船主=は「相馬の素材をアピールできた」と胸を張った。

 4人が出場したのはテレビ東京の人気番組「TVチャンピオン 極~KIWAMI~」の「第1回全国港めし選手権」。菊地さんのほか、同市のコートドール店主森健太郎さん(41)、創作ダイニング卯々弥店主牛渡隆一さん(57)、"浜の母ちゃん"として舘岡悦子さん(68)が出場。2月16、17の両日、静岡県網城漁港で対決が行われ、相浜(千葉)、引本(三重)、輪島(石川)の各港のチームと争った。対決では、アンコウやマツバガニ、サメガレイなどを使用し丼や汁物、ハンバーグなど7品目を調理。「魚好きの男性向け」「地元主婦向け」など題材や審査員が変わる勝負で争った。

 菊地さんらは「素材と腕のいい料理人がいれば結果は出ると信じて戦った」と話す。対決の内容は9日午後8時からBSテレ東で放映されるほか、地上波でも放送予定。

 菊地さんらは5月7日午後6時から、相馬市のNリゾート福島で結果報告会と提供したメニュー7品の試食会を開く。