福島大生、世の中をヨム 春の新聞週間

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新聞閲覧コーナーで新聞を読む学生=福島大

 「春の新聞週間」に合わせて福島大のキャンパスに8日、新聞閲覧コーナーが設けられ、通り掛かった学生らが自由に試読紙を手に取った。

 福島民友新聞社など県内で日刊紙を発行する新聞8社とその販売業者でつくる新聞公正取引協議会県支部が取り組むキャンペーンの一環。4月6日を「新聞をヨム日」と定め、この日を初日とした1週間を「春の新聞週間」と位置付けている。

 コーナーは9日まで設置される。試読紙は無料で配布されている。