12万円詐取疑い43歳女逮捕 ヤミ金業者とのやりとり自作自演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ヤミ金業者との架空のやりとりを自作自演し、好意を持たれていた男性から金をだまし取ったとして、会津坂下署は8日午前9時20分ごろ、詐欺の疑いで山形県米沢市、無職、容疑者女(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は、今年1月6日、インターネットサイトで知り合った会津地方の40代男性に対し、ヤミ金業者になりすまして自身の生活費などを肩代わりするよう要求し、会津坂下町の金融機関から12万円を振り込ませた疑い。

 捜査関係者によると、容疑者と男性は出会い系サイトを通じて知り合った。容疑者は、自分や架空のヤミ金業者を登場させる「劇場型」で、複数回にわたり男性にメールを送信。監禁した容疑者を、生活費などを払えば解放するとのやりとりを演じ、男性を信じ込ませたという。