「蜷川実花展」いわきで13日開幕 若者や女性など人気の写真家

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
作品の搬入が進む展示会場=いわき市立美術館

 若者や女性を中心に人気を集める写真家蜷川実花さんの個展「蜷川実花展―虚構と現実の間に」が13日、いわき市立美術館で開幕する。5月26日まで。福島民友新聞社、同美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、福島中央テレビの主催。

 蜷川さんは鮮やかな色彩や大胆な構図が人気の写真家で、映画監督としても活躍している。今回は、花々を鮮やかに撮影した「永遠の花」や「桜」、フィギュアスケートの羽生結弦さんらスポーツ選手や芸能人のポートレート34点を集めた「Portraits of the Time」など、美術館の空間に合わせた演出で6コーナーに分ける。

 開幕初日の13日は午前9時30分から、蜷川さんが来場してテープカットを行うほか、同市のアリオスで同展を企画・プロデュースした編集者の後藤繁雄さんとスペシャルトークを実施する。会期中、展示にちなんだダンスパフォーマンスや写真教室(申し込みが必要)などを催す。

 時間は午前9時30分~午後5時。観覧料は一般1100円、高校・高専・大学生500円、小・中学生300円。15、22日、5月7、13、20日休館。問い合わせは同美術館(電話0246・25・1111)へ。