安積高がSSH指定 理数教育に重点、科学技術リーダー育成へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安積高(郡山市)は、文部科学省から、理数教育を重点的に行う2019年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けた。

 課題研究や国内外への研修、産学官連携などを行い、科学技術分野で地域から世界をリードするリーダーの育成につなげる。

 具体的には、1年で地域の課題解決や新たな価値の創出を目指す課題研究に取り組む。2、3年では、環境保全など国連が30年までの達成を目指す「持続可能な開発目標」(SDGs)に基づくテーマで課題研究を進める。

 また、専門分野の第一線で活躍する同窓生のサポートを受けるネットワークを構築するほか、連携団体の代表者、地域住民などでつくる連絡協議会を設置し、取り組みの支援や評価、成果の普及に参画してもらう。

 同校の指定は2回目で、期間は2019年度から5年間の予定。