郡山で山林火災...消火活動「難航」 強風で延焼、陸自ヘリ散水

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9日午前11時35分ごろ、郡山市田村町の山林から出火、日没までに消火できず燃え続けている。郡山地方消防本部によると、付近に民家はなく、けが人はいないもよう。

 同消防本部などが30台以上の消防車で消火に当たったほか、宮城から派遣された陸上自衛隊のヘリコプターが散水を行った。しかし強風にあおられて延焼し、消火活動は難航。同日午後6時で消火活動を打ち切った。夜間は同消防本部などが警戒に当たった。10日は早朝から約100人態勢で消火活動を再開する。

 現場は、田母神小から北西に約2キロの山林。