「和牛初せり」高値続く 福島県家畜市場、平均80万5198円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
活発な取引が行われた和牛の初せり

 全農福島県本部は9日、本宮市の県家畜市場で本年度の和牛初せりを行い、初日の平均価格は80万5198円となった。

 同本部家畜市場課によると、国内の子牛の流通量が少ないことに加え、県産和牛の評価が高まっていることから高値水準が続いているという。

 全国から購買者が訪れ、453頭の売買が成立した。

 平均価格の内訳は雌牛が76万1519円(最高価格151万5240円)、去勢牛が83万9728円(同122万3640円)。10日は約470頭がせりにかけられる予定。