東北電力1位、ゼビオ4位 東北の就職人気企業ランキング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 就職情報会社のマイナビ(東京)が発表した2020年春に卒業予定の大学生・大学院生の就職人気企業ランキングによると、東北地方の1位は東北電力(仙台市)だった。福島県関係ではゼビオグループ(郡山市)が4位、オノヤ(須賀川市)が5位、東邦銀行(福島市)が10位、ヨークベニマル(郡山市)が21位、福島キヤノン(福島市)が29位に入った。

 2位はアイリスオーヤマと七十七銀行で、上位3社を仙台市に本社を置く企業が占めた。オノヤは昨年度の17位から急浮上した。

 マイナビ担当者は「東北地方は地銀の人気が高い傾向にあったが、ここ1、2年ほどは人気が下がっている」と分析。「今回から調査を2月から12月に早めたことで、インターンシップの印象を踏まえて回答した学生が増えた。積極的に採用活動に取り組む企業の人気が高まった可能性がある」と指摘した。

 調査は全国の大学3年生、大学院1年生を対象に昨年12月1日~今年3月21日にウェブ上のアンケートで実施。東北地方では1203人の回答を集計した。