福島医大「生殖医療センター」開所 不妊治療へ複数診療科連携

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生殖医療センター内の培養室。生殖補助医療に関連する胚培養業務を行う

 不妊治療のさらなる充実に向けて福島医大が新設した中央診療施設「生殖医療センター」の開所式は10日、同大病院で行われ、病院関係者らがテープカットした。同センター新業務は11日から本格的に始動する。

 同大では、これまでも産婦人科などで不妊治療に当たってきたが、近年は不妊の原因が多様化し、複数の診療科で診察することが多くなった。このため複数の診療科が連携し、最適で効率的な医療を提供するための中心的役割を担う同センターを新設することになった。新業務として、県と連携して専門医が相談を受ける窓口「不妊専門相談センター」を設置した。今後、県内の保健師や治療を受ける患者とその家族らを対象とした研修会を各地で開催していく。また、県内の医療機関を対象とした情報交換会も年に1度開く。

 同大の竹之下誠一理事長は「福島の未来を担う大きな役目を果たせるよう全力を尽くす」、菅沼亮太センター長が「県民が安心して子どもを妊娠できる支えになるよう頑張る」