「9観音」歩いて巡ろう 喜多方で5月11、12日イベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見学予定の熊野神社

 会津三十三観音のうち、喜多方市の九つの観音を歩いて巡る「歩いて巡拝!会津三十三観音めぐり」が5月11、12日の1泊2日で、初めて行われる。15日まで参加者を募集している。

 同市の熱塩温泉山形屋の取引業者らでつくる夢倶楽部の主催。9観音をはじめ、「長床の大イチョウ」で知られる熊野神社や日中戦記念館の見学、示現寺での座禅体験も盛り込み、計48キロを歩いて巡る。宿泊先の山形屋では、郷土史研究家の石田明夫さんの講演も企画している。

 旅行代金は1人1万5千円。募集は30人。申し込み、問い合わせはアールエイチ企画へ。

 山形屋の瓜生泰弘社長が10日、福島民友新聞社を訪れ「このイベントをきっかけに、お遍路のような歩いて巡拝するという文化を根付かせたい」とPRした。