波恵ダンス!踊りテーマは『令和』 福島で27、28日・発表会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ポーズを決めて発表会をPRする石山さん(左)と小林さん

 「新元号をテーマに、来場者を笑わせる。普通の発表会ではなく、ショーダンスで来場者を楽しませたい」。第37回波恵ダンス発表会「新元号まであと48時間」は27、28の両日、福島市のとうほう・みんなの文化センターで開かれる。波恵ダンスと波恵ダンス・カルチャーパークの主催。

 毎年開いている発表会で、今回は令和への改元を記念し、昭和から平成、令和への移り変わりをテーマにしたダンスを披露する。3歳~70代の約170人が出演。1部ではクラス別の作品を発表し、2部は「ドキュメント48時間~新元号に変わるまで」と題し、新たな時代に不安を抱える「令和」を「昭和」と「平成」が応援するストーリーを繰り広げる。

 27日は午後6時、28日は午後1時開演。入場料は全席自由で前売り1600円、当日2000円。チケットは中合福島店やダイユーエイトMAXなどで取り扱っている。問い合わせは波恵ダンス・カルチャーパークへ。

 波恵ダンスと波恵ダンス・カルチャーパークを主宰する石山波恵さんと波恵ダンス・カルチャーパークインストラクターの小林真理さんは12日、福島民友新聞社を訪れ来場を呼び掛けた。