新元号『令和』...改元記念「押印台紙」 福島県17郵便局で配布

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
配布される記念押印台紙のイメージ

 新元号「令和」への改元に伴い、日本郵便東北支社は22日から、記念押印サービスで利用できる記念押印台紙の配布を始める。県内では17郵便局で対応する。配布は5月1日まで。配布数は1万枚で、台紙がなくなり次第終了する。

 62円以上の切手を貼り付けることで押印できる。表に「改元の記憶 令和」と題し、裏に全ての元号を記載。押印面の内側には平成最終日の4月30日、令和初日の5月1日のほか、令和の「1づくしの日」として今年11月1日と同11日の欄も設けた。

 郵便局での記念押印の実施日は4月30日と5月1日。両日以外でも押印できるが、日付は来局日となる。記念台紙以外への押印も可能。問い合わせは同支社郵便・物流営業部へ。県内の配布郵便局次の通り。

 郡山、福島中央、いわき、会津若松、福島東、白河、須賀川、二本松、原町、小名浜、石川、三春、喜多方、相馬、飯坂、田島、植田

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補