若冲展へお得!電車やタクシー 乗車券セット、定額料金が好評

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
若冲展の入館者でにぎわう美術館図書館前駅のホーム=12日午後3時20分ごろ

 福島市の県立美術館で開催中の「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲(じゃくちゅう)展」に伴い、徒歩約3分の最寄り駅の福島交通飯坂線「美術館図書館前駅」が連日にぎわっている。同社は「入館券付きのお得な乗車券セットをぜひ利用してほしい」と呼び掛けている。

 多くの来場者でにぎわう美術館は駐車場が狭いことなどから、公共交通機関を利用して訪れる人が多いためだ。同社はお得な乗車券セット3種類を販売し、車内アナウンスでも若冲展を案内している。開幕から今月11日までで、乗車券セット購入者や現金払いの同駅利用者が4000人を超えている。

 福島地区タクシー協同組合の美術館や花見山、JR福島駅間を定額料金で運行するサービスも好評だ。料金の一例は美術館―花見山間が通常より1~2割安い片道2100円の定額となっている。利用者からも「効率的に安心して乗車できる」との声が出ている。

 若冲展は午前9時30分~午後5時。チケットは一般1500円、学生1100円。高校生以下と障害者手帳を持っている人は無料。

 「入館券付きの乗車券」会津バスなどが販売

 会津乗合自動車(会津バス、会津若松市)と福島交通(福島市)は、県立美術館で開催中の「伊藤若冲(じゃくちゅう)展」の入館券などがセットになった高速バス「会津若松―福島」線の往復乗車券を販売している。5月6日まで。

 セットには福島交通飯坂線「福島駅―美術館図書館前駅」1日フリー乗車券も付く。価格は、個別購入よりもお得な大人4300円、大学・専門学生3900円。問い合わせは会津バスへ。