スイーツ、野だて人気 石川の複合施設「モトガッコ」で桜まつり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
咲き始めた桜の下でお茶を楽しむ来場者ら

 第33回石川桜まつりは13日、石川町文教福祉複合施設「モトガッコ」で開幕し、来場者が多彩なイベントを楽しんでいる。14日まで。

 石川菓子組合が国際ビューティ&フード大学校(郡山市)の学生と連携し初開催したスイーツバイキングは、チーズケーキなどさまざまな洋菓子が勢ぞろい。来場者が好みのスイーツをじっくりと味わっている。

 14日も午前11時30分と午後2時から行われる。

 県立石川高茶道部の生徒らは表千家による「さくら野だて」を開催。来場者が川沿いの桜を眺めながらゆったりとした時間を過ごした。ステージではよさこいや舞踊などを繰り広げた。

 14日は午前11時30分から同施設で魚つかみ大会を開催。このほか同町のあさひ公園で手作り作品などを販売するマルシェ、鈴木重謙屋敷で地元高校生によるイベントも行われる。