「火の見やぐら」完成 飯舘、防火・防災拠点に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
完成した火の見やぐら

 飯舘村が同村飯樋に整備を進めていた村消防団第2分団機動部のホース乾燥塔(火の見やぐら)が完成し14日、同分団に引き渡された。

 火の見やぐらは高さ約13メートルで杉の木を使っている。施工費は約1100万円。ホースを乾燥させるときなどに使用する。

 引き渡し式は同分団機動部屯所で行われ、菅野典雄村長が高野進団長に目録を贈り、高野団長から同部に引き渡された。菅野村長は「防火、防災の拠点として活用してほしい」とあいさつ。高野団長は「予防消防に尽力する」と決意を語った。