安倍首相「聖火出発」立ち会いへ Jヴィレッジ、福島県に来県

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
サインしたボールをJヴィレッジSCの選手に手渡す安倍首相=14日午前10時35分ごろ、Jヴィレッジ

 安倍晋三首相は14日、3号機からの燃料の搬出開始を控えた東京電力福島第1原発や、20日に全面再開するJヴィレッジなどを視察した。視察後、記者団に「今後も廃炉、汚染水対策について国が前面に立って取り組む」と述べ、本県の復興に全力で取り組む姿勢を改めて強調した。

 首相は「復興が進んでいる福島の姿を世界に発信したい」とも話し、来年3月に本県から東京五輪の聖火リレーが始まる際、出発地のJヴィレッジに立ち会う意向も初めて示した。

 首相の第1原発訪問は2013(平成25)年9月以来。前回は防護服で構内を回ったが、今回はマスクを付けずにスーツ姿で視察し、放射能が低減した現状など廃炉作業の進展ぶりをアピールした。

 首相からは「閣僚全員が復興大臣との基本方針をもう一度胸に刻み、東北の復興を成し遂げる」と、復興を巡る失言で五輪相を辞任した桜田義孝衆院議員を意識したとみられる発言もあった。視察を通じ、県民への直接の謝罪はなかった。

 首相はJヴィレッジでふたば未来学園高サッカー部の石井琳華さん、堀川貴司さん(いずれも3年)らと懇談したほか、JR常磐線の新駅「Jヴィレッジ駅」などを巡察。大熊町役場新庁舎の開所式に参加した。第1原発では3号機の燃料取り出しに向けた工事に携わった企業に感謝状を贈った。