須賀川で「俳句甲子園」6月開催 地方大会、夏井さん講演が縁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第22回俳句甲子園の地方大会が6月16日、須賀川市で開かれる。これまでは郡山市などで開かれてきたが、須賀川市での開催は初めて。15日、橋本克也市長が市役所で開いた記者会見で明らかにした。

 大会は松山市の俳人夏井いつきさんらを中心とした実行委の主催で、市が共催する予定。

 夏井さんが昨年12月、須賀川市で講演したことを縁に、開催が実現した。会場は市民交流センター「tette(てって)」を予定している。

 大会は、高校生5人一組で俳句の出来栄えや議論を通した鑑賞力などを競い合う。地方大会は全国22カ所で開かれ、優勝チームが8月に松山市で開かれる全国大会への出場権を得る。

 橋本市長は、須賀川市が江戸時代の俳人松尾芭蕉ゆかりの地であり、小学生を対象とした俳句教室などに取り組んでいることを踏まえ「(開催は)望外の喜び。市の文化振興、発展に寄与することを期待する」と話した。