「象と鯨」がグッズに 商品発売、県立美術館・伊藤若冲展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
物販コーナーで販売されているグッズ

 福島市の県立美術館で開催中の「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展」。展示作品の中で、特に注目されている海と陸の王者をダイナミックに描いた「象と鯨図屏風(びょうぶ)」をモチーフにしたグッズが19日から、会場に開設されている物販コーナーで販売。

 グッズは、朱印帳、Tシャツ(子ども、女性サイズ)、クリアファイル、マスキングテープなど。

 18日も多くの来館者でにぎわった。じっくりと若冲作品の世界に浸った友人同士の福島市の女性は「素晴らしい作品ばかり。まるで生きているような筆遣いの絵もあった」と感想を語った。