磐城高箸に「分校カフェ」 給食がテーマ、いわき産の食材使用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
分校カフェで提供しているホットサンド(ピザ風)とトマトジュース

 廃校となった福島県いわき市田人町の旧田人二小南大平分校を活用し、割り箸や鉛筆などを製造する磐城高箸の敷地内に20日、「分校カフェ」が開店した。

 復興イベントなどでいわきの食材を使ったカフェを出店する同市のグラフィックデザイナー池端達朗さんが、給食をテーマに出店。いわき産のトマトやエリンギ、レタスなどを使用したホットサンド(ドリンク付き税込み600円)や、いわき産イチゴのフローズンラテ(税込み400円)、トマトジュース(同200円)などを提供している。

 池端さんと草野明仁店長は「地域の活性化を図りたい」としている。営業時間は午前10時~午後3時。出店日次の通り。

 4月=21日、27~30日▽5月=1~6日、11~12日、18~19日、25~26日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補