熱気!MAXがライブステージ 本宮春まつり、花火も5000発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
市民やファンとダンスを繰り広げ、会場を熱気で包んだMAX

 本宮市のふれあい夢広場で20日に開かれた市春まつりでは、約5千発の花火が打ち上げられ、春の夜空を彩った。市やモットコムもとみやでつくる運営委員会の主催。

 「オクガイディスコ」と題した、音楽グループMAXのライブステージでは、来場者も一緒に踊って楽しいひとときを過ごした。

 また「手形プロジェクト」と題して、MAXが所属する芸能事務所ライジングプロ・ホールディングス社長で同市出身の平哲夫さんとMAXが手形を取った。

 昨年同まつりに出演した歌手荻野目洋子さんと音楽グループ「DA PUMP」の手形の型も披露された。今後、同市在住の彫刻家遠藤徳(のぼる)さんがブロンズ製の手形を制作し、市内で展示する予定。