全編会津ロケの短編映画「ONNA」 若松市民も撮影参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
野口英世青春広場で行われたダンスシーンの撮影

 女性賛歌の短編映画「ONNA(オー・エヌ・エヌ・エー)」のロケが21日、会津若松市の野口英世青春広場などで行われ、市民エキストラも参加してダンスシーンなどが撮影された。

 短編映画の監督はCMディレクターの家永浩輔さん(55)。いつの時代も清く、強く生きようとする女性を主人公に脚本を書き、雪景色の時代劇シーンを撮影する中で戊辰戦争で奮戦した中野竹子の存在を知り、全編会津ロケとした。時代劇やミュージカルの要素も盛り込んだ約10分間の映画に仕上がる予定。映画祭に出品後、動画投稿サイト「ユーチューブ」での公開も検討する。

 21日は会津乗合自動車(会津バス)の車内や会津鉄道西若松駅でもロケが行われた。野口英世青春広場では市民7人のダンスチームが主演の江守沙矢さん(30)=埼玉県熊谷市出身=と共演、エキストラも加わり、約50人がミュージカルのようにダンスを披露した。

 家永監督は「会津若松市に全面的に協力いただいた」と感謝し、江守さんは「ロケーションが良く『インスタ映え』のスポットがたくさん。お酒もおいしく、会津が好きになりました」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補