伐採作業中の68歳男性「転落死」 はしごから落下、労災事故か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 22日午後2時25分ごろ、二本松市岳温泉の民家で、伐採作業をしていた同市、無職、男性(68)がはしごから落下した。男性は首の骨を折り、間もなく死亡した。二本松署は労災事故とみて原因などを調べている。

 同署によると、男性ははしごに登って樹木の枝を伐採していたところ、誤って落ちたという。