「路上強盗」3人組に体押さえ付けられ 男性けが、3万円被害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 21日午後10時ごろ、白河市の市道で、同市の会社員男性(45)が3人組の男から体を押さえ付けられるなどして、現金3万円程度を奪われた。男性は胸に軽いけが。3人組の男は乗用車で逃走し、白河署は強盗致傷事件とみて行方を追っている。

 同署によると、男3人はいずれも20代くらいで、身長は170センチくらい。3人とも茶髪で、3人のうち2人は黒っぽい上下の服と、手袋を着けていたという。

 同署によると、男性は帰宅途中、前方で停車していた乗用車を避けようとしたところ、乗用車が動きだしたため停車した。その後、男性の後ろに別の乗用車が停止、その乗用車から3人組の男が降りてきたという。

 3人組の男は「急ブレーキをかけてあぶないだろ」と男性に因縁をつけた。男性は車外に引きずり出され、体を押さえ付けられて現金を奪われたという。男性と男らに面識はなかった。男らは東に逃走した。男性は被害から約1時間後に、同署に届け出た。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補