福島県勢が東北上位独占! バーテンダー技能競技、全国大会へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
トロフィーを受けた草野さん(左)と賞状を受けた古川さん(中央)

 東北6県のバーテンダーが腕を競う「全国バーテンダー技能競技 東北統括本部大会」は21日、いわき市で開かれ、南相馬市原町区の草野聡さん(40)=常磐支部、バー ウィザード=が総合優勝、福島市の古川智之さん(40)=福島支部、バー フルカワ=が総合準優勝に輝き、10月に徳島県で開かれる全国大会の出場権を得た。2人は「東北代表として頑張りたい」と闘志を燃やした。

 草野さんは、創作カクテルの名前、味、技術の各部門で最高賞となった。創作カクテルの名前は、店名をフランス語で読み替えた「ソルシエール(魔法使い)」。草木を揺らしながら現れる魔法使いをイメージし、メロンリキュールなどを使い黄緑色に仕立てた。

 古川さんは、創作カクテルで草野さんに次ぐ2位。ポルトガル語で「奇跡」を表す「ミラーグレ」と名付けた創作カクテルは、パッションフルーツリキュールなどを使い、太陽のような明るい黄色を表現しながら、誰でも楽しめる飲み口を追究した。

 2人は、互いを意識しながら全国での栄冠に向けて気持ちを高めている。草野さんは「集中力が欠ける部分があった。完璧な状態で全国に臨みたい」、古川さんは「高みを目指す気持ちは変わらない。全国で集大成をぶつける」と意気込んだ。

 大会には、東北各支部の選考会を通過した10人が出場し、食品衛生の知識を競う学科や創作カクテルなど4部門で審査が行われた。本県からは2人が出場した。