格闘演武や試乗体験 陸上自衛隊郡山駐屯地が記念行事

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
迫力のある空砲射撃を披露したFH―70

 陸上自衛隊郡山駐屯地(小田剛司令)は21日、郡山市大槻町の同駐屯地で創立66周年記念行事を行い、大勢の来場者が多彩なイベントを楽しんだ。

 同駐屯地の格闘指導官による格闘演武や、155ミリりゅう弾砲FH―70や16式機動戦闘車による空砲射撃、レンジャー隊の訓練などが披露され、来場者は熟練の技術と迫力を感じていた。また、96式装輪装甲車の試乗体験も人気を集めた。

 航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット発射機(PAC3)や機動戦闘車などの装備が展示され、来場者が興味深そうに見入っていた。同駐屯地の第6音楽隊によるコンサートや太鼓部「未来響衛太鼓」の演舞も行われ、会場を盛り上げた。