住宅解体現場に「手りゅう弾?」 帰還困難区域、複製品と判明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 23日午後3時30分ごろ、大熊町の住宅解体現場で、作業員の男性から「手りゅう弾のようなものが解体中に見つかった」と、双葉署に通報があった。署員が駆け付け、家人に照会するなど調べた結果、複製品と判明した。

 同署によると、複製品は高さ約12センチ、幅約6センチ。現場は東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域内。復興関連事業の作業員らが現場に立ち入らないよう、同署は同日午後3時30分ごろから約2時間にわたり、周辺の町道などを通行止めにした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補