急ピッチ!待望の『除雪』作業 磐梯吾妻スカイライン再開通へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
5月31日の再開通に向けて磐梯吾妻スカイラインを除雪するロータリー車=23日午前

 吾妻山(一切経山)の噴火警戒レベルの引き下げに伴い、5月31日に再開通する見通しの「磐梯吾妻スカイライン」(福島市、猪苗代町)の除雪作業が23日、始まった。今後、再開通に向けて急ピッチで作業を進める。

 作業員約25人が、ブルドーザーやロータリー車など計10台を稼働させた。県猪苗代土木事務所土湯道路管理所によると、雪は例年の半分程度といい、23日は高湯温泉側で約2.6キロ、土湯温泉側で約600メートルの除雪を完了した。スカイラインは吾妻山の噴火警戒レベルが引き上げられた昨年9月から全面通行止めとなっている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補