デブリ取り出す『腕』初公開 ロボットアームで掘削、回収試験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
伸縮式レールから伸びるロボットアーム。アームの先端には目標位置を定めるとがった装置が付けられている=神戸市

 三菱重工業と国際廃炉研究開発機構(IRID)は24日、東京電力福島第1原発の溶け落ちた核燃料(デブリ)を取り出す装置を初めて公開した。ロボットアームとアームを移送する伸縮式レールを組み合わせた装置で、アームを遠隔操作し、原子炉格納容器底部に残るデブリを砕いたり、破片を回収したりする動作を想定した試験を実施した。

 アームは全長7.1メートル、重さ約4トン、先端は硬いデブリの掘削を想定し、2トンの負荷に耐えられる。レールは全長8.7メートルから17メートルまで3段階に伸縮する。

 デブリ取り出しでは、原子炉内に放射性物質が漏れない気密空間をつくり、その中にアームやレールを設置。格納容器の壁に開いた穴にレールを敷設し、遠隔操作でアームを中心部に近付け、アーム先端でデブリを回収し、缶(直径20センチ、高さ20センチ)に収納して運び出す手順を想定している。アームの先端は装置の付け替えが可能。ドリルのような装置で掘削後、気密空間に戻り先端をトングのような装置に取り替え、回収する計画だ。

 三菱重工の神戸造船所(神戸市)で公開された試験では、17メートルに伸ばしたレールの先までアームを移動。アームを広げて目標位置までアームの先端を移動させた後、デブリ回収用の缶に入れる模擬動作を行った。三菱重工の河西賢一主席技師は「デブリを取り出す手法が確立された」と成果を示した一方、「デブリを取り出す処理能力を向上させる必要がある」と改良点を挙げた。同社は2021年に開始予定のデブリ取り出しでの使用を想定しており、改良を加えた上で実際の装置を開発する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補