花木植栽で全国表彰 須賀川・花の杜実行委「地域元気に」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
橋本市長に受賞を報告する轡田会長(左)

 須賀川市岩瀬地区で花木の植栽に取り組んできた「いわせ悠久の里『花の杜』プロジェクト実行委員会」が日本さくらの会からさくら功労者表彰を受けた。25日までに轡田倉治会長が市役所を訪れ、橋本克也市長に受賞の喜びを語った。

 実行委は、地域活性化に向け2015(平成27)年度から桜やハナモモ、レンギョウ、アジサイなど約3千本を植樹してきた。この功績が認められ10日、東京で開かれた第54回さくら祭り中央大会で表彰を受けた。

 轡田会長は「震災後の地域を元気づけることが目的。これから花木の手入れを進め、皆さんに喜んでもらえる地域にしたい」と語った。