須賀川市職員を懲戒免職処分 公金など窃盗、金庫から28万円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 須賀川市環境課が保管していた公金など28万7500円が盗まれた事件で、市は25日、盗みの疑いで須賀川署に逮捕され、その後不起訴処分となった同課の20代の男性主事を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は24日付。

 市によると、男性は昨年8~11月ごろ、同課の収納棚にあった手提げ金庫から公金22万6750円と職員親交会費6万750円の計28万7500円を盗んだ。市の聞き取りに対し男性が事実関係を認めたことから、市の懲戒処分の規定に基づき、信用失墜行為などに当たるとして処分を決めた。