薬学教育評価で適合認定 奥羽大薬学部、教育の質保証

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
認定証を示す衛藤学部長

 奥羽大薬学部は25日までに、全国の大学の薬学教育プログラムを評価している薬学教育評価機構の適合認定を受けた。

 衛藤雅昭学部長は「(2005年の)学部開設から約15年間の取り組みが評価され教育の質が保証された。さらに発展させ福島の医療の復興・発展に寄与していきたい」と話している 。

 評価制度は13年に始まり、同機構が全国74の国公私立薬学大・薬学部の教育プログラムを評価、基準を満たした教育機関を適合認定し、教育の質を保証している。

 県内で同認定を受けたのは初めて。