福島県のアートプロジェクト紹介 県立博物館で企画展、27日開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本県で生まれたアートプロジェクトを紹介している企画展会場

 東日本大震災以降に福島県で生まれたアートプロジェクトを展示で紹介する、県立博物館の企画展「とりもどすきずなつながるみらい」は27日、会津若松市の同館で開幕する。6月9日まで。

 震災直後から活動を開始し、現在まで継続、発展しているアートプロジェクトを紹介。現代美術家日比野克彦さんを中心に展開された、ハートのパッチワークのタペストリーを展示する「HEART MARK●VIEWING」や福島市出身の山岸清之進さん、大友良英さんらの「プロジェクトFUKUSHIMA!」など七つのアートプロジェクトの作品が並ぶ。

 26日には内覧会が行われた。時間は午前9時30分~午後5時(最終入場は午後4時30分まで)。5月7、13、20、27日と6月3日休館。観覧料は一般・大学生500円、高校生以下無料。

【注】●字はハートマーク

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区