シェアサイクル開始 須賀川で福島県内初、移動の活性化期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
須賀川市で始まったシェアサイクル事業

 須賀川商工会議所やまちづくり会社こぷろ須賀川などでつくる須賀川市中心市街地活性化協議会は26日、同市で県内初となる「シェアサイクル運営事業」を開始した。大型連休を控え、市内の観光地をはじめ回遊性の向上に期待がかかる。

 「シェアサイクル」は主にスマートフォンアプリで貸し借りの手続きを行い、借りた拠点「ポート」以外のポートでも返却ができる自転車の共同利用の仕組み。ポートはJR須賀川駅や市民交流センター「tette(てって)」など市内6カ所で、電動アシスト付き自転車20台を導入した。こぷろ須賀川が運営、車両とシステムの提供を自転車用スマートロックアプリの企画開発などを手掛けるコギコギ(東京)が担う。

 料金プランは15分60円と12時間1500円(以降1時間ごとに100円)の二つ。スマートフォンにダウンロードした専用アプリの「COGICOGI SMART!」で借りたり返す手続きや支払いを行う。

 試乗した市のコミュニティーFM「ウルトラFM」パーソナリティー光本あゆみさん(34)は「須賀川は坂が多く電動は助かる。サイクリング感覚で街中の散策が楽しめそう」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補