滑走路、ヘリポートが開所 福島ロボットテストフィールド

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開所したヘリポート=南相馬市・福島ロボットテストフィールド

 南相馬市と浪江町で整備が進むロボットの研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」に26日、ドローン(小型無人機)などの飛行試験や操縦訓練に使う「南相馬滑走路」と「ヘリポート」が開所した。

 南相馬滑走路はドローン用滑走路で、周囲に設けられた緩衝地帯では衝突回避や不時着、落下などの特殊な飛行実験が行える。ヘリポートではドローンの試験をはじめ、災害救助訓練で有人ヘリの離着陸にも活用できる。

 県によると、5月に滑走路とヘリポートを使った初の公開試験を行う予定。