再配達の宅配便は市役所で受け取り 郡山、10日から利用開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
5月10日から利用できる宅配便ロッカー

 再配達の荷物を受け取ることができる宅配便ロッカーが郡山市役所本庁舎の正面玄関東側地下駐輪場前に設置された。東北の自治体庁舎への設置は初めてで、5月10日から利用できる。

 ロッカーは、幅約2.2メートル、奥行き約65センチ、高さ約2.1メートルで、サイズが異なる30個の荷物を保管でき、24時間利用が可能。パックシティジャパン(東京)が提供するサービスで当面、利用できるのはヤマト運輸のみだが、将来的には他社にも対応していくという。

 品川萬里市長が記者会見で発表した。社会問題となっている、宅配便の再配達の解決策の一環。市は場所を貸し出すことで、新たな収入源を確保できる。