軽快なおはやし!豊穣を祈る「獅子舞」 箱崎愛宕神社で例大祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
奉納された獅子舞=箱崎愛宕神社

 箱崎愛宕神社の例大祭が29日、伊達市の同神社で行われ、県指定重要無形民俗文化財の「箱崎の獅子舞」に参拝者が見入った。

 軽快なおはやしの音色が流れる中、先獅子、中獅子、牝(め)獅子の3匹の獅子と翁(おきな)面を着けた「半兵」、ひょっとこ面の「ささら」が多彩な舞を披露し、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

 獅子舞は室町時代後期に、野獣から農作物を守ろうと、神前に奉納したのが始まりとされる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補