「新天皇陛下」即位 『令和』幕開け、受け継ぐ象徴の務め

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新天皇陛下が1日午前0時、皇太子から即位された。30年余り続いた「平成」が終わり、「令和」に改元された。新陛下は59歳で、戦後生まれの初めての天皇になった。85歳の前天皇陛下は4月30日限りで退位し、上皇となった。

 天皇の退位は、江戸時代の光格天皇が上皇になって以来202年ぶりで憲政史上初めて。今回は2017年6月に成立した、前陛下一代限りの退位を認める皇室典範特例法に基づき行われた。

 新陛下は1日午前、宮殿で執り行われる国事行為の「剣璽(けんじ)等承継の儀」と「即位後朝見(ちょうけん)の儀」に相次いで臨む。いずれも即位後間もなく行われる重要儀式で、承継の儀では「三種の神器」の一部である剣や璽(じ)(勾玉(まがたま))、国の印の国璽(こくじ)、天皇の印の御璽(ぎょじ)を受け継ぐ。朝見の儀では、三権の長らと面会して新天皇としての最初のお言葉を述べ、即位を告げる。4日には皇居で一般参賀があり、即位後初めて一般国民と会う。

 内堀雅雄知事は新天皇陛下の即位に当たり「県民を代表して心からお喜び申し上げます。東日本大震災と原発事故以降は県内各地で被災者に温かい言葉を掛けられ、復興に向けて挑戦を続ける県民に寄り添い、歩みを支えていただいた。今後とも本県を見守り、復興が力強く進む姿を見ていただければ県民にとって大きな喜びになります」との知事謹話を出した。