須賀川牡丹園の土産店で「菓子」盗まれる 格子こじ開け侵入か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 須賀川市の国指定名勝「須賀川牡丹園」の土産店「牡丹売店」で商品の菓子などを盗まれる被害があったことが30日、同店を管理、運営する須賀川牡丹園保勝会への取材で分かった。同保勝会は同日、須賀川署に被害届を提出。同署が窃盗事件とみて調べている。

 同保勝会によると、盗まれたのは菓子と総菜計11点(計約1万円)で、金品の被害や店内を荒らされた形跡はなかったという。被害は30日午前8時すぎごろに発覚。開店のため訪れた職員が、店西側にある流しの窓が割られ、木製の格子がこじ開けられているのを発見、商品が盗まれているのに気付いた。窓内側の手前の台には、足跡を拭いたような形跡があったという。