「平成最後」飾るダンス 福島・国体記念体育館で交流会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ダンスを楽しむ参加者

 吾妻競技ダンスクラブ(中村松夫会長)は4月29日、福島市の国体記念体育館で「平成さよならダンス交流会」を開き、参加者が華やかなダンスで新時代の訪れを祝った。

 県北地区のダンス愛好者約200人が参加した。昭和から平成にかけて本県の競技ダンス普及に尽力してきた安田岩夫さん、喜代子さん、阿部良子さん、小林勝敏さん、穂積敦子さん、安斎修さん、由美子さんら「鉄人ダンサー」によるデモンストレーションも行われた。参加者も情熱的な踊りを繰り広げ、交流を深めた。