アンスリウム染め人気! ワインレッド色の華やかな川俣シルク

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アンスリウムで染めた川俣シルク

 川俣町産の花のアンスリウムで染めた川俣シルクの展示会「かわまたシルクとアンスリウム展」が4月27日、同町の道の駅川俣に隣接するかわまたおりもの展示館・からりこ館で始まり、ワインレッド色に染め上がった華やかなシルクが来場者を楽しませている。入場無料。6月16日まで。

 東京電力福島第1原発事故後に町内で栽培が始まったアンスリウムを、全国的に知名度の高い川俣シルクと融合させ、認知度を高めることなどを狙いに開催。今回は、ストールやバッグ、布約60点を展示しており、アンスリウムの特徴の一つのハート形に絞った作品などに来場者は目を奪われていた。アンスリウムの販売も行われ、人気を集めた。

 会場では町内外のシルク製品の販売会「かわまたシルクフェスティバル」も開かれ、アンスリウムで染めた川俣シルクのスカートなど、1000点を超える製品が並んでいる。同フェスティバルは5日まで。

 時間はアンスリウム展が午前9時~午後5時。同フェスティバルは午前10時~午後4時30分。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補