東北道で「渋滞」数回発生 最大15キロ、上り線では事故で渋滞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大型連休5日目の1日、県内では新幹線に目立った混雑はなかったが、東北道で渋滞が数回発生した。

 日本道路交通情報センターによると、東北道福島トンネル付近の上下線で渋滞した。上り線は午前10時25分ごろから混雑し始め、最大15キロの渋滞。午後にも最大13キロの渋滞が発生した。下り線では午後、最大9キロの渋滞があった。

 上り線では事故によって、午後2時15分ごろに吾妻パーキングエリアを先頭に最大6キロ、同40分ごろには福島ジャンクションを先頭に最大5キロの渋滞があった。いずれの事故もけが人はいなかった。

 JR東日本福島支社によると、東北・山形新幹線の一部列車で自由席乗車率が最大100%となったが、目立った混雑はなかった

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補