観光型「新鶴ワイナリー」オープン! 試飲や醸造の様子を見学

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ワインの試飲を楽しむ来場者

 会津美里町で初めての観光型ワイナリー「新鶴ワイナリー」が1日、同町新鶴地区にオープンした。初日は県内外から訪れた多くの観光客でにぎわった。

 同町の合同会社「会津コシェル」(木村俊一代表社員)などが担当する醸造の様子を上部から見学できる。

 昨秋収穫したブドウで生産した、マスカットベーリーA(750ミリリットル入り、税別2000円)、アップルワイン(同1200円)を販売している。

 テイスティングカウンターでは6日まで、グラスワインを無料で楽しめる。今後も多彩なワインを随時販売するほか、夏ごろには、地元の食材を使ったおつまみなどを提供するレストランのオープンを予定している。

 時間は午前10時~午後4時。月曜日定休。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補