フラガール「新時代とお客さま歓迎」 令和元年記念『レイ和』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
フラガールメンバーからレイを受け取る来場者たち

 令和の時代が幕を開けた1日、県内は祝賀ムードに包まれた。いわき市のスパリゾートハワイアンズは、令和元年を記念し、来館者にハワイで用いられる装飾品「レイ」を贈った。

 「ハワイアンズ"レイ和"キャンペーン」と銘打ち、先着1000人にレイを贈呈した。レイはハワイの空港などで、歓迎の意味を込めて観光客に配られる首飾り。「新時代とお客さまを歓迎する」との意味合いを込めて企画した。同施設ダンシングチーム・フラガールのメンバーが、施設の入り口をくぐった来場者の首に黄色のレイを掛けた。

 チームキャプテンのアウリイ晴奈さんは「令和のレイという言葉は自分たちにも親しみがある。フラのように穏やかな新時代になってほしい」などと話した。