常磐道で正面衝突事故、大学生1人死亡 横転炎上、6人重軽傷

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大破し炎上した事故車両=2日午前8時15分ごろ、広野町

 2日午前4時55分ごろ、広野町の常磐道で横浜市、大学生、男性(20)の乗用車が中央分離帯を越え、対向車線を走行中の南相馬市、会社員、男性(51)の乗用車と衝突した。計8人が搬送され、20歳男性は頭などを強く打ち死亡した。

 県警高速隊によると、20歳男性の車に同乗していたいずれも大学生の千葉県浦安市、男性(20)、東京都目黒区、男性(21)、東京都練馬区、男性(20)の3人が骨を折るなど重傷。51歳男性の車には妻(46)と長男(6)、次男(4)が同乗しており、51歳男性と妻、次男が軽いけがをした。20歳男性の車は衝突後に横転し炎上した。

 現場は見通しの良い片側1車線の対面通行区間。中央分離帯は植え込みなどで区切られた物ではなく、路面に設置されたブロックとポールで仕切られている。

 20歳男性は旅行先の宮城県に向かう途中、51歳男性は旅行先の東京都に向けて移動中だった。同隊が原因を調べている。