第55代「ミスうねめ」募集開始 第54代・大沢さん...貴重な経験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
第55代「ミスうねめ」の募集を呼び掛ける大沢さん

 郡山商工会議所や郡山市、福島民友新聞社などでつくる郡山うねめまつり実行委員会(会長・滝田康雄同商議所会頭)が募集を始めた第55代「ミスうねめ」。募集開始を受け、現役の第54代ミスうねめとして活躍する大沢梨奈さん(20)=福島大3年=に、活動を通してのやりがいやこの仕事の魅力などを聞いた。

 ―活動を通して感じたことは。
 「うねめまつりではパレードなどでたくさんの人の笑顔を見られた。姉妹都市を訪問した際は優しく気遣う言葉を掛けていただき、郡山がどれだけ愛されているかを知る機会になった。そういうことを一番近くで見たり聞いたりできるのが特権かな、と思っている」

 ―審査会でのポイントは。
 「郡山のために頑張るという思いと笑顔を忘れず、自信を持って話すことが大切だと思う」

 ―第55代ミスうねめへの応募を考えている人たちにメッセージを。
 「最初は不安だったけど、周りの人が優しく助けてくれたので、ミスの活動を通してたくさんの人の笑顔を見ることができたし、学業とも両立できた。本当に貴重な経験だったと思っている。ぜひ、ミスにしか見られない景色を見てほしい」

 5月24日まで募集

 ミスうねめは、8月に開かれる「郡山うねめまつり」の主役として花を添えるほか、姉妹都市・奈良市への親善訪問や、全国で開かれる観光キャンペーンなどで郡山市をPRする。

 応募対象は、同市在住か通勤、通学する18歳以上の未婚女性(高校生を除く)で、1年間の活動を全うできる人。同商議所などで配布している申込書に記入し、カラー写真を添えて申し込む。「郡山うねめまつり」のサイトからも申し込める。

 募集は24日までで、6月1日に審査会を行う。問い合わせは実行委事務局へ。